ラズベリーパイ って何だべ~? 私設 基板実験室

地元東松島市のイベントや、パソコン・ラズベリーパイの実験報告しています

Raspberry Pi Zero-WHとpHAT‐DACでハイレゾ再生、Volumio2のインターナルが出来た!

 ラズパイZero-WHとpHATDACハイレゾ再生機の話の続きです。

2段重ねのケースに入れた携帯ハイレゾセットの写真です。音楽データは、USBメモリに入れました。 

f:id:masa19569810303:20180914222546j:plain

 でも・・・、真ん中のUSBメモリと変換ケーブル、

どうも邪魔ですね。

USBメモリを忘れて、外出先で使えなかった事もあったし。)

 

 そこで、各ブロガーさんがやっていたように、Volumioの入ったマイクロSDカード(8GB品以上)に、SSHでインターナル領域を作って音楽データを転送すれば、USBメモリが要らなると考えました。

また、幸いにも、Volumio-ver2 では、インターナル領域も、データ転送に便利なSAMBAも実装済という記事を見て、やってみました。

 

でも、インターナルライブラリが出ません!!

起動時は、確かにインターナルライブラリがメニューにあったのですが。データ転送が未完のまま、メニューから消えてしまいました。肝心のSAMBAも見えません。

 

いろいろやってみたところ、恥ずかしながら、パソコン操作に問題がありました。SAMBAの共有画面を出す場合、ネットワークコンピュータの入力方法にもコツがありました。

 

分かった事

  1.  ラズパイ(ホスト)側のWi-Fiの電波をパソコンまたはスマホが受信している時に、SAMBAが使えたり、Volumioの操作画面が現れる仕組みになっていること。
  2.  SAMBAを使う場合、パソコンのネットワークの画面から
    ¥¥Volumio.hostと入力すること。(¥¥を使うことを忘れていました。)

f:id:masa19569810303:20180915001303p:plain

 インターナル 出ました!!

f:id:masa19569810303:20180914222802p:plain

 

結論 

Volumio2では、SSH通信なし、パソコン側の操作のみで、インターナル・ライブラリと音楽データ転送が出来ました!!。

 

これで、USBメモリは不要になりました。めでたし、めでたし。

f:id:masa19569810303:20180914222625j:plain

 

Raspberry Pi Zero-WH、pHAT-DAC、VOLUMIO で超廉価な ハイレゾ再生機が出来た! 

Raspberry Pi3は、ブログサーバーとして順調に?稼働中のため、別の実験用に小型版のRaspberry Pi Zero WHを購入しました。
www.switch-science.com

やりかった事は、 ハイレゾ・オーディオ再生です(安価に!)。実現のためにはDAC「Digital to Analog Converter」機能のドータボードが必要です。一番安価な pHAT DAC を選びました(現在、輸入代理店の在庫は無いようです)。これは、Raspberry Pi Zeroと基板のサイズが同じで、ピンヘッダーに実装して使用します。Raspberry Pi3にも使えるとのこと。

www.switch-science.com

 さて、Raspberry Pi Zeroは、Raspberry Pi3と違って、LANコネクタがなく、USBコネクタはBタイプがOTR用と電源用で2個のみ、数が少なく、設定に工夫が必要です。

f:id:masa19569810303:20180904021541j:plain

 

 そのハイレゾ再生のソフト、とても簡単に適用できるものがありました。VOLUMIOというソフトです。Raspberry Pi用にも作られており、imgファイルで提供されているため、マイクロSDにディスクイメージで書き込むと、そのままRaspberry Piで動作します。制御はWi-Fi付きのパソコンかスマホから行います。

この説明サイトは下記です。

Raspberry Pi とVolumioで最先端オーディオを楽しむ その3 Volumio2を立ち上げる(Rev.C) | 電子工作の環境向上

 やってみたら、こんな感じに出来ました。(マイクロSDと、スマホのバッテリー、ハイレゾ音楽データの入ったUSBメモリカード、音楽用イヤホンを、DACドーターボード搭載のRaspberry Pi Zeroに接続するだけ)

f:id:masa19569810303:20180904212403j:plain

Raspberry Pi Zeroに電源を接続したら 、VOLUMIOのソフト起動は、VOLUMIOのHotspot モードを使います。PC、スマホWi-Fi ネットワークリストに ”Volumio” というSSIDが現れ、”Volumio2”のパスワードでアクセスが可能になり 、Volumio の画面が現れます。後は 設定画面(初回のみ)で、DACのデバイスと、音楽ライブラリを選択し、選曲すると音が出てきます。

パソコンでの制御画面も、こんな感じでカッコイイです。スマホ版アプリがありますが有料(200円程度)です。やっても最新VerのVolumioに接続できなく、それ以前のVerでしか使えないようです。

f:id:masa19569810303:20180904213322p:plain

参考まで、デバイス設定の画面を載せます。

f:id:masa19569810303:20180906224856p:plain

f:id:masa19569810303:20180906224914p:plain

f:id:masa19569810303:20180909005840p:plain

f:id:masa19569810303:20180906225002p:plain

ハイレゾの感想

この安価な機材(基板だけで計3000円)で、本格的なハイレゾを体験出来たことは
驚きです。音の感想については、音楽用イヤホンの再生でも、CDレベルの音と、ハイレゾの音の違いは明確で、一言で言うと、高音から低音まで重厚で明瞭な音だと思います。(JUJUの歌声もリアル!)ハイレゾ音はとてもいいです。

 

その他 参考にしたサイト

今回のVOLUMIOが見つかる前に、上記を参考に、Raspbian₋OSと再生ソフトを地道にインストールする手法でやってみました。これには、VNCを使うため、画面操作の度に、ノイズ・音飛びが出ました。ただし、使った再生ソフトのVLCの音は、VOLUMIOの音より良いと感じました。

 

 

 今後の予定

このハイレゾ再生機は、基板剥き出しなので、ケースを探そうと思っています。さらに、ハイレゾ再生ソフトに、Moode Audio というオープンソフトもあるようなので、試してみようと思います。  

9/9追記:とりあえずケースに入れて見ました。Raspberry Pi Zero用ケース2種類を2段重ねで使います。今回はここまで。

f:id:masa19569810303:20180909135826j:plain

f:id:masa19569810303:20180909135916j:plain

Raspberry Pi 3 ブログサーバー WordPress編集画面が、真っ白になった!!

WordPress 順調に動作していたはずだったが・・・

問題発生の経緯

記事を追加しようと、ダッシュボードから/投稿/新規追加をクリックしたら、

なんと、編集部分が ”真っ白”に!!

f:id:masa19569810303:20180830125657p:plain

登録済の記事編集も、 ”真っ白”!! 再起動しても、状態は変わらず。

 

ネットで対策を検索してみると、複数のプラグインが影響し、エラーになって

真っ白になる時がある。プラグインを停止して見ると良い、とあります。

 

WordPressの画面が真っ白で何も表示されなくなった時にやるべきこと | デジタルコンテンツ企画室

 

やって見ると、プラグインで停止出来ないのがあり、結局対策できず。

 

考えて見ると、こうなる前、

いろいろなプラグインをどんどん追加し、よく確認しないで有効にしていた。

また、写真を複数選択し、一度にアップロードしようとしていた。

これらの操作が怪しい。。。

 

ちょうど、All₋in₋One WP Migration のプラグインで、

昨日、WordPressの 丸ごとバックアップを取ってあった。

これで、前の状態に戻して見ることにした。

 

f:id:masa19569810303:20180830134453p:plain

 

All₋in₋One WP Migration で 昨日の状態に復元は、あっさり成功!!。

これで、記事追加、記事編集もOKになった。

 

まとめ

教訓として

1.WordPressのサイトのバックアップデータは必要。

  問題があった時は、前の状態に戻すのが速い

2.プラグインは、安易にインストールしない。

  本当に必要なものだけ、ローカル環境などで動作確認してから適用する。

 

 今回はここまで。

Raspberry Pi 3 ブログサーバー WordPressのデザインテーマは、Athenaで決まり!!

また、WordPressのお話です。

 

Raspberry Piのブログ・サーバーは、WordPressで快適に記事を更新中!!

WordPress は、1000種類以上もある無料のテーマから好きなものを選んで、デザインをあっという間に変更できる特徴があります。

有料のテーマであれば、機能がもっと充実しているらしいのですが、まず無料版で進めます。

 でも、このごろ、デザインがしっくり来なくなりました。

さて、今まで使っていたテーマは、Twenty Seventeenでした。

f:id:masa19569810303:20180827085648p:plain

見本の写真が綺麗で、ヘッダー画面から、投稿画面への切り替りに動きが入る。かっこ良かったです。下記が実際のRaspberryのサーバーで使っていた画面です。

f:id:masa19569810303:20180827122002p:plain

 

ですが、投稿が縦に長くなり、”続きを読む” のMOREコマンドを入れて短縮化し、メニュー画面のようにしましたが、(特にスマホで見る場合、)最後の方まで見る人はいないのではないかと思えて来ました。

よって、別のテーマを探して見る事にしました。

 

次に使ってみたテーマは、Twenty Sixteenでした。

f:id:masa19569810303:20180827091310p:plain

最初のヘッダー画面から、投稿画面への切り替りの動きは無いですが、周りの縁が黒になっているため、文字の見易さは良いのですが。やはり、もう少し動きが欲しく、さらにテーマを探しました。

 

 そして、見つかり、今、気に入っているテーマは、Athenaです。

f:id:masa19569810303:20180827120917p:plain

 

Athena適用の画面は下記です。

投稿記事が横にも並び、そして、ヘッダ画面は2面あり、交互に横スクロールで切り替わります。当面、希望した内容なので、これで運用してみます。

f:id:masa19569810303:20180827121505p:plain

 

 

 まとめ

 Raspberry Pi のWebサーバーは、WordPressを使う事で、好きなデザインの綺麗なブログサイトが簡単に作れます。運用するサイトの目的にあったテーマを選択し、さらに良いテーマが見つかれば、どんどん更新するのが良いと思います。

 WordPressは、記事と写真はそのままで、テーマを替えられるので、非常に便利ですね。  では。

 

 

 

 

 

 

 

Raspberry Pi 3 Model B+ WordPressのローカル環境はBitNamiで決まり!! 

オフライン(Windows)で動くWordPressのお話です。

 

やっと出来たRaspberry Piブログ・サーバー

WordPressでサイトのデザインをいじりたくなった時。

いろいろ試してから、前のデザインに戻したい時。

 

そんな時は、バックアップを取る事ですが、Raspberry Pi には

Raspbian標準 SD Card Copier

があり、物理的にマイクロSDカード間で丸ごとコピーするのが簡単ですが、時間が30分ぐらいかかります。

それに、raspbianは動いているので、丸ごとコピーは要らない。

オフライン(Windows)で動くWordPressがあればいいなぁ~。と思っていたところ、

 既にあるんです!!。オフラインで動くWindows版のWordPressが、

 BitNami と   InstantWP 

という2つです。

これで、いろいろ更新し、編集が完成してから公開用のオンラインのWordPressに転送出来ます。

 

私がざっと評価してみたところでは、

動作が速い、安定性などから、

 

  BitNami (ビットナミー)

に軍配が上がりました。

 

  ※参考:InstantWPは、インストールは

簡単でしたが、動作するまでのウエイトがあり、待ちくたびれます。また、最新バージョンは起動しない状態があります。前バージョンのV5.3.4が動きます。

 

BitNamiのインストールは下記が参考になりました。

chan-biku.club

 

さて、BitNamiのWordPressを使った オンライン~ローカル間のデータベースの入れ替えは、WordPressのインポート、エクスポートを機能や、 プラグインを使えば良いことは分かりました。実践では、オンライン→オフラインのデータベース内容の移動は、完璧に出来ました。しかし、オフライン→オンラインのデータベース内容の移動は、まだ完璧とはいえません。多分、オンラインのデータベースに、オフラインからのデータを勝手に変える操作になるため、更新拒否の状態があるようです。もう少し勉強してからこの辺は実施してみます。

 

 まとめ

 ・Raspberry Pi のWordPressブログサイトの更新方法として、

オフラインで動くWindows版WordPressの BitNami の活用が便利です。

・データベースのオンライン~オフライン間の更新操作は、WordPressのインポートとエクスポート、又はプラグインを使用します。(完璧な操作はさらに確認が必要である。)

・これらの操作によって、WordPressのデータベースのバックアップが短時間で出来るようになりました。

 

これからは、WordPressブログ記事の更新に専念できそうです。では。

 

 

 

 

 

 

 

Raspberry Pi 3 Model B+ Wordpressにも外部からアクセス出来た!!

前回のつづきです。内部アクセス、外部アクセス共に、

サーバー自体には、アクセスできましたが、

ウェブサイトコンテンツのWordpressが動いていませんでした。

前回の説明図を再度掲載すると、

f:id:masa19569810303:20180810214431p:plain

 

本来、WEBサーバーには、内部IPアドレスでも、外部用独自ドメインアドレスでもアクセス出来るはずでしたが、Wordpressの設定が、そうさせてくれませんでした。

つまり、Wordpress 設定 一般に URLの設定箇所があります。

f:id:masa19569810303:20180810220044p:plain

2つの項目は、デフォルトのインストール先の場合、同じ内容で良く

  http://(IPアドレス) ① の手法で入力しても

  http://(独自ドメイン)② の手法で入力しても動作します。

 ただし

    ① は、内部のネットワークのみで動作

    ② は、外部のネットワークのみで動作 します。

 

対策としては、下記が参考になりましたが、

ローカルからドメイン名でアクセス出来ない!

 

割り切って、もう一つの簡単な方法を考えました。

  Wordpress 設定/一般/URL を ①にしてから

  ネット内のPCで、ブログを作成します。

  完成したら、公開設定にした上で、

  設定/一般/URL を ②に変更します。

   (この段階で、内部アクセスが遮断。)

  もしも、さらに内容を変更・更新したければ、

  ドコモ、AU、ソフトバンクなどの回線が使える、

  スマホ、タブレットを準備していただき、

  そのまま更新しても良く、または、

  設定一般のURLだけを ①に変更し、

  ネット内のPC使用を可能にしても良いです。

  更新終了したら、設定一般のURLを②に戻すことを

  忘れずに。

 

   いまのところ、この方法で問題は無い様子です。

   何かありましたら、またお知らせします。

   

 追記:Windowsの hosts を使う手法も簡単でした。

   (方法)

    作業用のWindows PC の windows/system32/drivers/etc の

    hosts に1行追加(webサーバーの Ipアドレス 独自ドメインURL)保存・再起動。

    これで、ネット内部からも 独自ドメインURLでもアクセス可能になります。

    はい。

 

 

 

 

Raspberry Pi 3 Model B+のWebサーバー、ついに 外部からアクセス出来た!!

 Raspberry Pi 3 Model B+でWebサーバー構築の参考にどうぞ!

解決の解説図を先にお見せします。

f:id:masa19569810303:20180810214431p:plain

 1週間前に、WordpressでWebサーバー構築できた! とお知らせしましたが、実は、外部から、アクセスが出来ていませんでした。

 外部アクセスには、下記を準備しました。

  ①独自ドメインの取得・購入

  ムームードメインが、簡単だったので、独自ドメインを取得し、1年間購入に

   (ドメインサービスは未加入)

  ②独自ドメインの設定

  ムームードメインのホームページのコントロールパネルの カスタムDNSセットアップから  ネームサーバ設定

に 種別欄にAレコードで内容欄にIPアドレスを設定(※)

f:id:masa19569810303:20180805110445j:plain

 

  ③NTTの光フレッツのルータ(型番PR-A300SE)静的NATの設定 この設定が必要なこと、下記記事から分かりました

詳細設定-静的NAT設定 - ルーター(ルータ)設定マニュアル

ここまで確認して、

 Wordpressの一般設定も、いろいろやってみましたが、相変わらず、外部から独自ドメインでのアクセスはだめ。。

 

なぜだろう?。と考えていたところ。

ムームードメインの、(※)Aレコードの 設定IPが違っているのでは?とひらめきました。

 NTTの光フレッツのルータの情報欄から、

 接続先IPアドレスを入力していましたが、

 もしかして、

  確立
   
WAN側IPアドレス :58.1.189.2**
接続先IPアドレス :133.160.***.***
     
     

 そうです。 接続先IPアドレスではなく

   WAN側IPアドレス を入力するのが、やってみたところ 大正解でした。

 

  これで、ようやく、外部アクセスが出来ました。

   ※ここまで分かるのに1週間。

    今後は、Wordpressの設定と

   セキュリティー対策について更新し、

   早く正式運用を目指します。