ラズパイ って何だべ~? 私設 基板実験室

地元東松島市のイベントや、パソコン・ラズベリーパイの実験報告しています

Raspberry Pi 3 Model B+ WordPressのローカル環境はBitNamiで決まり!! 

オフライン(Windows)で動くWordPressのお話です。

 

やっと出来たRaspberry Piブログ・サーバー

WordPressでサイトのデザインをいじりたくなった時。

いろいろ試してから、前のデザインに戻したい時。

 

そんな時は、バックアップを取る事ですが、Raspberry Pi には

Raspbian標準 SD Card Copier

があり、物理的にマイクロSDカード間で丸ごとコピーするのが簡単ですが、時間が30分ぐらいかかります。

それに、raspbianは動いているので、丸ごとコピーは要らない。

オフライン(Windows)で動くWordPressがあればいいなぁ~。と思っていたところ、

 既にあるんです!!。オフラインで動くWindows版のWordPressが、

 BitNami と   InstantWP 

という2つです。

これで、いろいろ更新し、編集が完成してから公開用のオンラインのWordPressに転送出来ます。

 

私がざっと評価してみたところでは、

動作が速い、安定性などから、

 

  BitNami (ビットナミー)

に軍配が上がりました。

 

  ※参考:InstantWPは、インストールは

簡単でしたが、動作するまでのウエイトがあり、待ちくたびれます。また、最新バージョンは起動しない状態があります。前バージョンのV5.3.4が動きます。

 

BitNamiのインストールは下記が参考になりました。

chan-biku.club

 

さて、BitNamiのWordPressを使った オンライン~ローカル間のデータベースの入れ替えは、WordPressのインポート、エクスポートを機能や、 プラグインを使えば良いことは分かりました。実践では、オンライン→オフラインのデータベース内容の移動は、完璧に出来ました。しかし、オフライン→オンラインのデータベース内容の移動は、まだ完璧とはいえません。多分、オンラインのデータベースに、オフラインからのデータを勝手に変える操作になるため、更新拒否の状態があるようです。もう少し勉強してからこの辺は実施してみます。

 

 まとめ

 ・Raspberry Pi のWordPressブログサイトの更新方法として、

オフラインで動くWindows版WordPressの BitNami の活用が便利です。

・データベースのオンライン~オフライン間の更新操作は、WordPressのインポートとエクスポート、又はプラグインを使用します。(完璧な操作はさらに確認が必要である。)

・これらの操作によって、WordPressのデータベースのバックアップが短時間で出来るようになりました。

 

これからは、WordPressブログ記事の更新に専念できそうです。では。